歯医者

WEB予約など便利なサービスを次々に取り入れる南森町の歯医者

歯科で行われる麻酔の種類について

歯科に行くと治療に痛みがともなう場合には麻酔を使用されますが、具体的にその麻酔の方法にはどんなものがあるのでしょうか。一般的な歯科で使用される麻酔法は局所麻酔になるのですが、局所麻酔の方法には次の3種類があります。
まずは注射針で麻酔をする際に痛みが伴う場合に、その刺す痛みを軽減する為にする表面麻酔法です。スプレータイプや液体やテープの場合もありますが、それを使って注射の針を刺す箇所に麻酔をするのです。これによって注射を刺した際の痛みをぐっと和らげてくれます。次は歯科で多く使用される浸潤麻酔法です。注射針を刺して麻酔薬を入れていくので、多少の不快感があります。神経を麻痺させることでしびれる感覚があります。これによって虫歯の治療や抜歯、インプラントの手術などが痛みを伴わずしやすくなります。
そしてもうひとつは伝達麻酔法です。広範囲に麻酔が効くので、麻酔が効きにくいといわれている下顎の奥歯の治療をする際によく使用されます。親知らずの抜歯の時や一気にたくさんの歯を治療する時にはこちらの麻酔法になります。このように、歯科では色々な種類の麻酔法があり、それぞれの治療に合った麻酔法が選ばれているのです。

Headline

歯科で行われる麻酔の種類について

歯科に行くと治療に痛みがともなう場合には麻酔を使用されますが、具体的にその麻酔の方法…

歯科の選び方とは

歯科の数はコンビニよりも多くなっていると言われているくらい多くなってきましたが、実際…

かかりつけになる歯科を選ぶ

歯科はかなりの数であり、都市部では歩いていけるところに複数の歯科を見つけることは難し…

最新の虫歯治療法

歯のトラブルで最も多いのが、虫歯です。皆さんも、虫歯になって歯を削ったという経験は一…

News

Site map

Copyright © 2017 WEB予約など便利なサービスを次々に取り入れる南森町の歯医者 All Rights Reserved.